FC2ブログ

イタジョブ杯オープン

今年最初のイタ車でサーキット。
7時過ぎに名阪スポーツランドに到着したら、すでに沢山のエントラントが準備中。

DSCN2922.jpg

あわてて受付でエントリーを済ませ、荷物を降ろしてゼッケン貼ってライト類にテーピングしてたら、応援に来てくれたラボンバ君とO沢くんと再会。
ふたりとも朝の4時過ぎから出てきてくれたそうで感謝です。

DSCN2934.jpg

ドラミも無事終了したらあっという間に完熟走行。
わたしのビアンキのゼッケンは210番。
つまり10番目の出走です。
ヘルメットをかぶりグローブをはめて乗り込んでシートを合わせようとしたら、毎度のことでシートが固着して動かない。
ここは慌てず、ラボちゃんにリアハッチから潜り込んでもらってシート蹴飛ばしてもらって無事修理完了(爆)
本番では1周のタイムアタックですが、完熟走行ではコースを覚えることもあって2周します。
フラッグとスタートランプを確認し、3000回転でクラッチミート。
さすが3年落ちplayz155-60-13どノーマルタイヤ、路面を掴めずホィールスピンしながら1コーナーへ。
ひさしぶりのジムカーナ、コース覚えなきゃと思いながらもコーナーの合図のパイロンがわかりにくい。
それでもミスコースすることなく(ライン取りはまだまだですが)2周が終了。
すべてのエントリー車両のテストランも終了し、いよいよタイムアタックです。
今回のエントリー数は50台。
うち25台がアルファ勢、17台がフィアット陣。
それでもわれらがアウトビアンキは4台もエントリーしてます!
ただでさえ部品取りだのドナー車だのボロクソ言われて狩り尽くされ、もはや日本では絶滅危惧種となりそうなビアンキですが、わたし以外に3台も出てくるとは(感涙)
しかし出てきてたビアンキのタイヤをよく見ると、エコタイヤだの10年落ちだのサーキットには珍しいタイヤばかり(苦笑)
かたやアルファやフィアットは高性能のスポーツタイヤやSタイヤを履かせやる気のオーラが醸し出されるも、なんか余裕の塊で大人の振る舞いは人生成功者みたい。
ビアンキオーナーの懐具合はみんな苦しいんだねと、自らも慰めます(悲)

それでもエンジンを始動し、4点式のシートベルトで身体をくくりつけるとヘルメットの中の目は真剣。
忘れかけてたアドレナリンがふつふつと沸き上がってきました。
完熟走行で体験したコースをイメトレしながら待つこと数分。
マーシャルさんに導かれコントロールラインへ。
スターターに停止位置を指示されてレッドシグナルの消えるのを待ちます。
ライトが消え自分のタイミングでスタート。
アクセル開け過ぎたかホィールスピンの音とともにあまり加速を感じずに前へ。
1コーナーつくまでにすでに2速は7000回転を越えてますが、シフトロスのほうがもったいないのでそのまま引っぱって、コーナー手前でフルブレーキ。
スプーンコーナーのような1・2コーナーを駆け抜け裏ストレート、次のS字でブレーキとともにリアが流れるもそのままかまわずにアクセルで体勢を変えて回り込む右コーナーへ。
縁石を引っ掛けながら奥の左複合コーナーを奥までこらえてまたもやフルブレーキで進入し、ステアリングが戻ったところでアクセルオン。
最終コーナーの舗装の切れ目をめがけて駆け抜けてコントロールラインをくぐって終了。
タイムは・・・46.90秒・・・
こそっと45秒台を狙ってたんですが、何カ所かラインをミスしてたし、うまくやれば出せそうな感じです。
ピットに戻ってラボンバさんたちとしばし談笑してると、赤いビアンキがコースイン。
立ち姿がきれいでいい感じだなぁと見ていたら、なんかコーナーの姿勢がすごく安定してます。
これって実はすごいクルマなんじゃない、と戻ってきたオーナーの元へふたりで直撃。

DSCN2945.jpg DSCN2947.jpg

どこかでさわってもらったのか尋ねると、なんとこのクルマわたしやラボちゃんのメンテしてもらってた今は無き小牧の秘密基地のクルマだったのです。
なんでもガレージに眠っていたクルマを先日十年ぶりにひっぱり出してきたんだとか。
当時の社長さんや弟子のオサムさんのこともよく覚えてらして、ずいぶん懐かしがっておられました。
今はオサムさんが一宮でお店かまえてられることを伝えると感激していただき、是非お邪魔したいとおっしゃってました。
オサムさんの営業活動にもちょっとは貢献できたかな(笑)
と楽しく過ごしていたのですが、いつの間にやら降ってくる雨の量が増えてきました。
1本目の最後のほうはコースもウェットになってしまい、タイムを伸ばすにはちょっと苦しそうな雰囲気が。
2本目はやはり各車ともタイムが伸びません。
そんな中、前を走っていたジュリアスーパーが怒濤の走りで42秒台を記録しわたしの番に。
極力スタートでタイムロスをなくそうと1本目よりも低い回転数でクラッチミートすると・・・
前に行きません(苦笑)
失敗した~と思った途端にタコ糸のように細い集中力がプチンと切れ、1コーナーに入るところでなぜか3速にシフトアップ(爆)
あわてて気持ちを立て直そうにも1周アタックには後の祭りで49秒後半のタイムで玉砕~(悲)
どんな顔してピットに戻ろうかと思ってたら、またしても懐かしいアサやんが登場。
アサやんに逢うのももう8年ぶりなんちゃうかな~。
あかわらずファンキーなアサやんに癒されながら缶コーヒーで暖をとってたら、武やんがY太くんを連れて応援にやってきてくれました。
Y太くんとは琵琶湖のミーティング以来、当時赤ちゃんに毛のはえた(失礼 笑)くらいだったのがすでに小2の立派な子供に(笑)
すでにクルマそっちのけでゲームボーイで自分の世界をこしらえてます(笑)
2本目の途中で午前の走行時間が終了、続きは午後1時から再開となり、ここで午後から用事のあるラボンバくんとO沢君が帰られることに。
残ったみんなで持参した弁当やおにぎりを食べて、午後からの走行に備えていたら、妹一家が見学に来くると連絡が。
相変わらず雨は降り続き、ベストタイムの更新も難しそう。
それでも久しぶりのサーキットを楽しむべく、ライン取りをあれこれ考えて挑むももうひとつのタイム。
アサやん、武やん&Y太くんも帰って、残った応援団は妹一家のみ。
最後の5本目始まる前に緑ビアンキの走ってる姿を撮ってないことに気づき、機械操作に不安のある妹にカメラを託しコースイン。

DSCN2972.jpg

先ほどまでとは若干雨の量は減ってはいても、コース状は相変わらずのフルウェット。
コーナーはブレーキで姿勢を変え、立ち上がりでのアクセルオンを極力我慢して横へのロスを少なくしてみたら・・・47秒93。

DSCN2973.jpg DSCN2974.jpg DSCN2975.jpg DSCN2976.jpg DSCN2977.jpg DSCN2978.jpg

1本目のドライのタイムの1秒落ち。
まぁ、そこそこ納得のいける走りでしたが・・・見てたのは妹一家だけとは・・・(苦笑)
この走りをラボちゃんや武やん、アサやんに見てもらいたかったなぁ・・・(悲)

すべてのアタックが終了し、子供たちが待ってたファミリー走行に。
5人の子供(妹の子3人と友達2人)にジャンケンをさせて3人ずつ積み込んでサーキットへコースイン。
普段は体験できないサーキットを小学生に体験させると大喜びでした。
もっともお兄ちゃん(中2)をリアシートに乗せたら、コースに出る時からタイヤがボディに当たってたので安全運転に徹してしまいましたが(笑)

成績発表と表彰式を残っている全員でコントロールタワー内で行い、わたしは1本目のドライコンディションのおかげで50台中総合9位(速いんだか遅いんだか 苦笑)をいただきました。

DSCN2953.jpg DSCN2955.jpg DSCN2956.jpg

表彰式終了後に全員がコースサイドに集まって記念撮影し、イタジョブ杯オープンは無事終了。
雨のおかげで普段ならやらない走りも体験できたし、タイムもそこそこ出せたし満足の一日でした。

DSCN2984.jpg

帰り道の名阪国道、案のじょう事故渋滞に巻き込まれノロノロ動いたり止まったりしてたら右足のふくらはぎがつりそうに。
やっぱり普段から身体鍛えとかなきゃと再認識した一日でもありました(爆)
関連記事
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://a112and124.blog33.fc2.com/tb.php/971-89fb4745

無事終了♪
2012年3月13日イタジョブ杯オープン戦 名阪スポーツランド Eコースにて 無事終了しました。 [画像]                               photo by grunge 当日は「晴れ男」だと高らかに言う私の言葉の正反対の、寒く雨の残念天気でし...

コメント

たけやんさん>
イタジョブ杯オープン応援ありがとうございました。
みんなの顔が見れて心強かったです。
(逆にヘタ打てれんとプレッシャーが 苦笑)
そっか~あの時間でも渋滞に巻き込まれたんですね。
わたしも久しぶりに1速2速で半クラ使いながら走るの体験しましたよ(田舎じゃまったくないもんで 笑)
最後のレインベストは最後の最後にパワーのないクルマの走り方思い出したみたいで、自分でも満足の走りでしたよ(自画自賛 笑)
是非白ビ復活させて、また一緒に走りましょうね。
お疲れさまでした。
雨で寒かったけど、久しぶりにやべっちの熱い走り見させてもらいました。
帰りの名阪渋滞が怖かったのでお先に失礼したけど、
(でもやっぱり大渋滞だった)
僕らが帰った後にまだ1本あったんですね。
最後の47秒台ってすごいじゃないですか。
いやあ、刺激になりました。
僕も早く白い方を復活させたくなりましたよ。
また一緒に走れる日を楽しみに、日々がんばります。
温泉さん>
本当に楽しいイベントに誘っていただいてありがとうございました。
やっぱりスタッフさんが身体削って汗かく分だけ、エントラントが楽しく過ごせるんでしょうね。
それだけに運営される側の方には頭が下がります。
逆に温泉さんたちにはフラストレーションが溜まったりしてませんか?
あ、コースでクルマぶん回してたから発散してましたか(逆に溜まりまくってた? 笑)

また是非参加したいと思いますんで、お声かけて下さいね。
久しぶりにお元気なお顔が拝見できてうれしかったです。らぼさんも。
一番楽しかったイベント・・・・主催の立場としては最高にうれしい言葉です。
また次もやりますんでご都合がつけば検討してください。
おかんの頭の頭さん>
イベント主催お疲れさまでした&ありがとうございました。
さすがクルマ好きの方が主催されてるだけあって、今まで参加したイベントでも一番の楽しいイベントでした。
おまけにファミリー走行も2回も走らせてもらえましたし(笑)叔父ちゃんの面目も保てました(爆)
また誘ってやって下さい。

おかんの頭の頭さんは小牧の秘密基地で真夜中に鍛えられた先輩でしたか。
実はわたしの緑ビアンキも赤ビレーシングも秘密基地生まれです(笑)
ユー□ベースで手を入れたビアンキは頑丈で元気ですよ。
今回初めてお会いした赤いビアンキもあの秘密基地出身でしたし、いい感じのコーナーリングしてましたね。
こういう出会いが出来るのもイベントのおかげです。
ありがとうございました。
参加有難う御座いました
あの天気気温の中最後までお付き合い頂き有難う御座います。

元アウトビアンキ乗りであり、深夜ドーハの悲劇をユー○ベースで整備してもらいつつ小さなTVで観戦した事のある私です。

ある意味A112は貧乏かビカもんかの差が大きくでる時代の車になってますが、ミニより楽しくもっと素敵な車だと思うだけに、ボロボロが多くなるのは寂しいかぎり。
でも今回のように元気に走ってる姿を見ると嬉しくなります。

たとえアブソーバの取り付けボルトが悲しいほど細くとも、スポットが剥がれそうになろうとも、あのエンジン音とアヒルのようなお尻を見てると全て許しちゃいます(笑)
って事でまた来て下さいねぇ

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99